依頼する前にチェックしよう!工務店をうまく活用するためのポイントなどを徹底紹介

このサイトでは依頼する前にチェックしておきたい、工務店をうまく活用するためのポイントなどをご紹介しています。
家づくりには高額な費用や時間がかかったり、簡単に建て直しができないため誰でも失敗しないか不安です。
家づくりを成功させるためにはあらかじめ知識を知っておくことがポイントとなります。
知識があることで避けられる失敗や、施工後の満足度につながることも。
これから家づくりを始める方の参考となるような情報を分かりやすくお届けします。

依頼する前にチェックしよう!工務店をうまく活用するためのポイントなどを徹底紹介

工務店は地元密着型で営業活動を行っている中小規模の会社です。
地元に根ざしていることで周辺エリアの情報に詳しかったり、その土地ならではの風土や気候に適した家づくりが行えます。
東北や北海道といった豪雪地帯や沖縄など海が近いエリアでは、安全に暮らすために専門的な知識が必要となることも。
長い間その地域で営業しているような工務店に依頼すれば、その地域に適した家づくりが行えるはずです。
家から近い場所にある工務店ならトラブルがおきた際にすぐに駆けつけてもらえるでしょう。

信頼できる工務店を見極める際の基準

信頼できる工務店を見極めるためには、新築住宅のみを取り扱っているかどうかという基準でチェックすることが大切な要素で、注文住宅を建てる場合は新築を主業務としているところを選ぶことで失敗の確率を減らすことに繋がります。
工務店の中には新築住宅だけでなく、リフォーム・建売・マンションの内装工事・店舗工事・ハウスメーカーの下請け・解体などといった仕事を兼業しているところも多くありますが、新築以外の仕事を扱う理由の大半はその工務店が新築だけでやっていける能力がないことを意味するので、信頼して依頼することは難しくなります。
また、新築よりもリフォームや建売の方が作業日数の割に単価が高く、仕事内容もそれほど難しくないため、効率よく利益を得られることから利益重視で兼業している可能性も否定できません。
利益を重視している工務店に新築を依頼すると、仕事の質よりも工期の短縮を優先されてしまうケースも少なくないので、新築住宅のみを取り扱っているところは信頼できるといえます。

工務店がハウスメーカーより優れている点

注文住宅の依頼先で選びではどこも同じように感じてしまい決められないことがあります。
依頼先の選択肢の一つである工務店のハウスメーカーよりも優れている点を知ることで決め手が見つかるかもしれません。
工務店は地域密着型の狭い範囲で営業活動を行っているため、周辺地域の土地勘に詳しかったり、その土地ならではの風土に適した家づくりを得意とします。
また中小規模の会社であることから、オーダーメードのように設計の自由度が高かったり融通が利きやすいといったメリットも。
地元に根ざしているため、距離感が近く感じられ家の悩みなどを相談しやすく、トラブルの際はすぐに駆けつけてもらえます。
ただし工務店はどの会社も品質や技術が一律というわけではありません。
そのため依頼した会社によって施工後の仕上がりやアフターフォローなどに差ができてしまうことも考えられます。
依頼する際はこれまでの実績を確認するなど見極めることがポイントです。

工務店が建てられる住宅の規模やタイプ

工務店が建設できる住宅の規模に関しては、それぞれの店舗で提供しているサービス内容や業務形態によってかなり違います。
一般的な工務店は地域密着型でサービスを提供しているため、新築一戸建てや注文住宅のように個別の顧客に対して提供することが多いです。
それほど大きなものになることはなく、あくまでも個人が手に入れられる範囲内でのタイプを提供することになります。
実際に、工務店では小規模でサービスを提供しているところも少なくありません。
そもそも、建設作業を請け負っていないリフォーム専門のタイプもありますし大手のハウスメーカーの下請けとして業務を行っているところも多いからです。
この場合、個別具体的に検討をして相談をしていかないと自分たちが求めている内容で納品をしてもらうことができなくなるケースもあります。
ですから、工務店を探している場合には何よりもその店舗がどういった形で業務を行っているのかをまずはチェックすることが重要です。

工務店との相談から着工までのステップ

工務店に住宅の施工を依頼する場合のステップは、ヒヤリングからはじまります。
工務店に相談する時点で、住宅購入者はすでに住まいのイメージがある程度固まっているでしょうから、それを詳しく担当者に伝えましょう。
面談を何度か重ねていくと、工務店の担当者が具体的なプランを提示してくるので、さらに検討をして決定をしていきます。
依頼先によっては、プランを提示してくるときに模型や図面、CGイメージなどをつくってきてくれることがあり、内容を決めるときには大いに参考になります。
プランが決定したら、それを実現させるのに必要な資金を計算し、調達方法を決定して土地探しを開始します。
土地が決まったら、相談をしつつ建物の詳細な図面・設置設備などを決めていき、固まったら見積もりを出してもらいます。
見積書の内容について説明を受け、十分に納得することができたら工事請負契約を締結します。
このあとは建築確認の手続きを経て着工となりますが、土地によっては建設工事を始める前に地盤改良工事が実施される場合があります。

著者:上田数雄

筆者プロフィール

福井県福井市生まれ。
親の跡を継ぎ地元で工務店を経営中。
工務店に関する記事を書いています。
福井の工務店はここ