工務店が地元の事情に精通している理由

工務店が地元の事情に精通している理由

住宅建築においては建築会社選びはとても大切になりますがこの場合選択肢が大きく分けて2種類あります。
1つが工務店と呼ばれるところに依頼するケースです。
もう一つは、ハウスメーカーと言われるところに依頼するケースが考えられます。
どちらが良いかは好みの問題になりますが、工務店を選ぶ場合には地元密着である可能性が高いと言われているわけです。
その土地に密着している傾向が強いのは、昔からその土地に馴染んで住宅を建築しているからに他なりません。
ハウスメーカーの場合は全国展開しており、1つの会社が全国に広がっているため昔からその会社がその土地にあったわけではありません。
むしろ最近の出来事であるケースが多いです。
工務店の場合はその逆で、あまり地元から離れる事はありません。
規模がある程度大きいといっても、特定の地域に広がりを見せているだけで全国展開をしている例は少ないといえます。
地域密着型であれば、その地域の情報を教えてくれる可能性があるかもしれません。

工務店はその地域に詳しいケースが多い理由とは

工務店と言えば、全国展開しているところは非常に少ない傾向があります。
いわゆるハウスメーカーと呼ばれる所と比べると、狭い地域でがんばっている印象があるかもしれません。
実際に、特定の地域のみで活動している工務店は非常に多く、ある程度大きな所でも1つの都道府県の1部の土地にいくつか店舗があるといった感じになります。
このように地元に密着している原因としては、やはり昔からそこになじみがありその土地で活動していたことが理由として、全国に展開しているケースは少なく、ハウスメーカーに比べると全国展開する勢いはありません。
むしろ、今まで作ったお客さんとのつながりを大事にし、特定の場所で活動しているイメージが強くなるわけです。
そうすると、その場所の特徴などもつかみやすくなり、お客さんにアドバイスをすることもできるかもしれません。
例えば、大きな地震が発生した場合どのあたりがしっかりとした時番になっているのかといったウラ情報まで教えるとお客さんも喜んでくれる可能性があります。

著者:上田数雄

筆者プロフィール

福井県福井市生まれ。
親の跡を継ぎ地元で工務店を経営中。
工務店に関する記事を書いています。